認知症対応型通所介護及び介護予防認知症対応型通所介護は、脳血管疾患、アルツハイマー病等により記憶機能等の認知機能が低下し、日常生活に支障が生じている要介護者及び要支援者に対して、デイサービスにおいて、入浴、排泄、食事等の介護、機能訓練を提供するサービスです。

  • 手が触れるところには木材を使用する等、「人にやさしい」空間作りに配慮しています。

  • 利用者の皆様が「主体性」をもってデイサービスを利用していただけるように配慮します。

  • そのために「一人を大切に」するサービスを熟知した経験豊かな職員が揃っています。

定員:12名

■認知症対応型通所介護利用料は?

Horita-Dayservice-website3.jpg

※端数処理のため、実際の金額との誤差が生じる場合があります。

※上記は1割負担の方の利用料金です。

お正月明けに毎年恒例の餅つきを行います。利用者様と杵や臼でついた出来立ての餅を食べ、一年健康に過ごす事を願います。

1月

節分には地域で交流のあるお寺でご祈祷していただいた豆を使い、豆まきを行います。余った豆を使い、白玉団子やきな粉蒸しケーキを作るなど利用者様と楽しくおやつ作りをしています。

2月

ひな祭りに合わせ、利用者様と一緒に春のちらし寿司づくりを行います。ご飯に甘酢をまぜ、利用者様と一緒に混ぜたりうちわで扇ぎ室内には食欲をそそる香りが広がります。

3月

7月

6月下旬に竹林へ出掛け竹取を行います。7月からは七夕企画として本格的な流しそうめんをしています。普段竹を使った流しそうめんは、普段なかなか難しいことから利用者様より大変ご好評をいただいています。竹の節をとる作業は、皆様のお力をお借りして準備します。

8月

夏祭り企画と題し、盆踊りや懐かしのかき氷と玉せん、ヨーヨー釣りなど盛大に堀田祭りを開催します。また、沖縄の伝統文化(芸能)であるエイサーのボランティアに来てくださいます。華やかな琉球の民族衣装と蛇三味線や太鼓の演奏が利用者様の輝きに満ち溢れた自然な笑顔を引き出してくださいます。

9月

11月の作品展へ向け、利用者様と一緒に作品展のテーマに沿った作品作りを始めます。平成30年度は5色の羽を付けた孔雀を作りました。迫力ある作品が完成した際には、各曜日の利用者様の力を団結し、一つの作品を作り上げた際の達成感に利用者様もご満悦です。

4月a.jpg

桜が綺麗に咲くころ、お花見団子を持って汐路桜ロードや下山公園へ出掛けます。桜の木の下でお団子を手に持つと花より団子のようで、花を愛でるより笑顔で召し上がられます。

4月

5月a.jpg

堀田デイサービスセンターの2階には、堀田有機農園と言う畑を毎年手作りしています。この時期は雑草が伸び伸びと育っている為、草抜きや土台となる土づくりを行い、苗植えを行っています。

5月

5月に土づくりや苗植えを終えた畑にはグングンと成長したトマトやオクラが大きく育ちます。野菜たちの成長過程に、「あれ食べれるよ!」「(周りに)草が生え過ぎだわ!」と、今か今かと利用者様も夏野菜の収穫を楽しみに、堀田有機農園を気にかけて下さいます。

6月

秋の味覚であるさつま芋掘りに出掛けます。さつま芋の自然な甘みは、余分な甘さを足さずして出来る為とても美味しく出来上がります。さつま芋を使ったおやつも好評です。

10月

堀田デイサービスセンターは、地域に根付いた施設を目指し毎年11月中旬の日曜日に施設開放を行っています。例年大変賑わい、施設内には来て下さった皆様のニコニコとした笑顔が咲き誇り、とてもあたたかい雰囲気に包まれます。

11月

室内をクリスマス仕様に飾り付け、利用者様と一緒にクリスマス会をします。この会には地域の子供たちが集い、ダンスの発表やプレゼントをもらったり交流をしています。利用者様はまるでひ孫たちを見守るかのように、とっても優しい表情をされています。

12月